スロット依存症からの離脱 2013年230万返済へ ~ slots addiction ~

さすがにもうやめた、と思いつつ、ついつい打ってしまう、、、。 そんな日々をいい加減終わらせたく、blog立ち上げました。 依存症克服し、負債完済の日まで続けて生きます。(完済しましたが、どっぷり病人のため継続中)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

禁スロ49日目

どうも今日も気が滅入っている。
まあ、それは置いておいて、私は
中学生ごろから深夜ラジオを聴くようになり、
今でも寝る前に聞いているのだが、
昨日、日本の童話、民謡の作詞家、野口雨情の
歌を歌っている歌手の方の話が放送されていた。
ちなみに野口雨情という人は、大正から昭和時代に
かけて数多くの童謡を作詞された有名な作詞家で、
代表的な曲に『十五夜お月さん』『七つの子』『赤い靴』
『シャボン玉』等、一度は聞いた事のある曲を数多く
世に出している。
番組内での話によると、例えば、『赤い靴』の中に出てくる
歌詞の中で、『今では 青い目に なっちゃって』の中の、
青い目の部分で、普通の大人なら、日本人が海外へ行っても
目の色が変わるはずが無いのに、野口雨情は海外へ行くと
変わるんでは無いかと思い、作詞したのではないかという。
野口雨情は生涯、童心を忘れずに生きていたので、そのような
子供の視点で童謡を作詞していたのだという。
他にも、最近の教科書にはほとんど載せられ無くなり、日本の
すばらしい文化が子供たちに聞かれないのは寂しい事だとも
話していた。

確かに私も童謡や叙情歌などは子供や年配の方が聞くような
音楽だと思っていたが、実際曲の歌詞や、その背景を知れば
知るほど、昔こんなすばらしい作品を作っていた人たちがいるのに、
ろくに聞きもせずに、古い曲と思い込んでいた。
今度、機会があればじっくり聞きたいと思う。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2008年3月 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<禁スロ50日目 | HOME | 禁スロ48日目>>

この記事のコメント

yorkeさん、こんばんは。

最近、精神状態の波の低いところが
きているみたいです。私の場合、上下が
激しいので、なかなかコントロールできてません。
まあ、焦らずにいきます。

最近では、アニメ番組が主流になってきてる
みたいです。でも、日本昔ばなしや世界名作劇場
のようなアニメも無いので、何とか昔の話が引き
継がれていくといいのですが。
2008-03-18 Tue 23:58 | URL | aptw #-[ 編集]
体調が思わしくなさそうですが、大丈夫ですか??

わたしも昔ほどではありませんが、無気力の波が押せ寄せます。。。
わたしが言っても説得力ありませんが、、、
そういうときこそ焦っちゃいけないんですよね。。。
お互いマイペースを守りたいですね。

童謡とかってまだ私達の年齢だと小さい頃、触れていた気がしますが、
今の子供達って童謡とかに触れる機会、あるんですかね?
昔から長年伝わってきたものって、やっぱり深いですよね~。
2008-03-18 Tue 07:58 | URL | yorke #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。