スロット依存症からの離脱 2013年230万返済へ ~ slots addiction ~

さすがにもうやめた、と思いつつ、ついつい打ってしまう、、、。 そんな日々をいい加減終わらせたく、blog立ち上げました。 依存症克服し、負債完済の日まで続けて生きます。(完済しましたが、どっぷり病人のため継続中)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

第514回 脱スロット後その7

今回は15日目です。

この日はえらく長く書いてあった。


---------------------------------------------

電車内での広告。パチンコ屋のチラシ、横には海(物語)の
宣伝、他はバレンタインデーのチョコの宣伝。
まあ、ろくでもない。
授業中にわかったのだが、無意識化で、他の人を
馬鹿にしているのではないか。
なぜかというと、
他の人に聞かない=他の人にきいてもわからない、
自分よりもわかっている人間はいないだろうという思い込み、
特に考え方として、きそから応用のいろいろなパターンへと
いう考え方が、私の頭の中では、応用パターンの一つと
過去の事例から物を見ている為、きそ、及び応用の他
パターンがまるで見えていない時がある。
しかも他の人に聞かないので、自分の中にだけある、特異な
パターンになっていた。
思い通りにいかない → イライラする、子供を見るといやな
気分になる。
今まで、すさまじいプライドとレッテル貼りで生きていた。
やはり自己中心というのか。
なんとなく考えたのだが(例えば女性の好みに関して)、
美人だの声がいいだの性格がいいだの全てレッテルを
はっていて、本当の事は何も見えていないのではないか。
人間としてとか、らしくとか、そういうことではなく、

ハートの問題なのでは

ないか少しずつ考えてみる。全ては愛でつながっているのだ。


---------------------------------------------

この時期、ある本を読んで、それに影響されていたのだが、
実際、今読み返して、最近腑に落ちたような内容が書いてあった。
この時は、凄い発見をしたと思っていたものの、本当に理解して
いたのかと言うと、違っていた。ただの知識として受け止めていた。
やはり、他の人とは、話をしないと分かり合えないのだ。
それがあまり得意ではないので、自分の中で全てを決定して
しまっている。今でも。ただ、この時に気づいたおかげで、そういう
ところがあるのだということは、あとあと徐々に身にしみて感じて
きた。
あと、最後はどこぞの唄のようなことを言っているが、正直
私自身、最近特に思うのだが、あまり慈悲深い人間では
無いのではないかと思うのである。
一時的な感情でいろいろと思ったりするが、心の底から
世のため人のためと言う事を考えたりするかと言うと、
そうでもない。頭の中ではそろばんをはじいていたり、
恩を売っておけば、後で帰ってくるかもとか考えている。
元々の性格なのかもしれないが、少しづつ、自分以外の
事を見れる人間になりたいなあと思う。

次回は17日目です。


テーマ:ギャンブル依存症 - ジャンル:ギャンブル

2009年9月 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<第515回 | HOME | 第513回 脱スロット後その6>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。